3番ウッドの難しさと打ちこなすコツ

3番ウッドが得意だと、パー5がチャンスホールになり、長いパー4が苦にならなくなりますよね。しかし多くのアマチュアゴルファーは3ウッドを苦手にしています。その理由とどのようにスイングすれば3ウッドが使いこなせるのかご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

全クラブの中で一番難しいクラブ

全クラブの中で一番難しいクラブはどれ、という質問をした場合、いろんな意見があるとは思いますが、3ウッドと答える方がやはり多いと思います。

これはボールをクリーンに打つ確率が一番低いことから来ていると思います。

3ウッドはヘッドも小さく、ロフトが立っています。いかにもボールが上がりにくそうなためどうしてもボールを上げるようなスイングになりがちです。

結果、リリースが早くなり、ヘッドが早く落下してダフりになってしまう。あるいはダフりやすいのが自分でわかっていて余計な意識が働きトップしてしまう、このようなミスがおおく出てしまうのではないでしょうか。

3ウッドの入射角の許容範囲は狭い

では3ウッドが難しい原因は、ひとことで言うと、地面から打つ一番長いクラブだからということに尽きると思います。
これが様々な要因を作り出し、3ウッドを難しくさせています。

長さだけいうとドライバーのほうが長いと思われると思いますが、ドライバーはティアップして打つことができます。
ティアップできることによりドライバーは入射角の許容範囲が大きくなります。多少ヘッドが上から入ろうが下から入ろうが問題ありません。もちろん最大飛距離を出すということであれば入射角も狭くなってしまいますが、ある程度の許容範囲をもってそこそこの結果を出すことができます。

しかし3ウッドではそうはいきません。3ウッドの使用状況を見てみると地面から打つことが多いと思います。地面から打って最大のパフォーマンスを出してもらいたいクラブです。
その3ウッドの入射角に遊びはほとんどありません。

仮にアッパーブローになってしまった場合はダフってしまいます。では上から打ち込めばとも思いますが、3ウッドの使用目的は飛距離を稼ぎたいというものが大きいと思います。
上から打ち込んでしまえばスピン量が多くなり、吹き上がってしまい大きな飛距離は望めません。

それこそ5ウッドやユーティリティでよかったとなってしまいます。
3ウッドどおりのクラブの働きをさせるための入射角はものすごく狭いのです。

要は、クリーンに打つにはわずかにダウンブローで上からヘッドを入れなければならないのです。

3ウッドを打ちこなすためには

まずは長さに慣れるということが一番です。
グリップを短く持って、地面から打つ一番長いクラブに慣れてください。目的はボールにクラブを当てて成功体験を積み、3ウッドに慣れることです。ですのでボールの飛距離、高さは気にしてはいけません。短く持っているので必然的にヘッドスピードは落ちます。結果ボールは上がらず、飛距離もでません。

ここでは3ウッドの長さに慣れて正しい入射角でクラブヘッドを入れる、ということを意識してください。

注意点としてはボールの近くに立ちすぎないということです。必要以上にボールの近くに立ちすぎてしまうとスイングの最中に体が起き上がってしまう要因にもなってしまいます。
これはすべてのクラブに共通することですが、クラブが長くスイングの弧が大きい3ウッドではより顕著に表れます。
ボールの近くに立ちすぎず起き上がりに注意してください。


そして、クリーンにボールをとらえるためには体の捻転が必要です。トップで左肩をしっかりと入れてください。
トップをしっかりまわし捻転が十分になるとスイングアークはより大きくなります。スイングアークが大きいということはすなわち、入射角が緩やかになる、ということです。
先ほど申し上げた通り入射角は打ち込んできつ過ぎても求める飛距離は出てくれません。
かつ捻転を十分にすることでヘッドスピードも上がります。3ウッドを使いこなすためにはある程度のヘッドスピードも必要ですので、十分な捻転をする必要があるということです。

ちなみにドライバーで十分なヘッドスピードがあるゴルファーも、3ウッドになると途端にヘッドスピードが落ちてしまうことがあります。
これは「難しいクラブ」という意識があるが故に、スイングが恐る恐るになってしまっていてスイングが小さくなってしまっているからです。
十分な捻転をし、最後までクラブを振り切ってください。

長さに慣れ入射角を一定にし、恐る恐るではなくきちんと振り切る、ということが3ウッドを使いこなす一番のコツです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です