ボールにラインを引くメリットと活用方法

よくゴルフボールにラインを引いている方を見ることがあります。かくいう私もラインを引いています。ボールにラインを引くにあたってマイナスなことは何一つありません。是非ラインを引くことをお勧めします。

ではボールにラインを引くメリットとその活用方法をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

ボールにラインを入れる目的とメリット

すでに試した方も多いかもしれませんが、ボールにラインを引くことはプロでも多く実践しています。タイガーウッズをはじめ、松山英樹選手、石川遼選手もラインを入れてプレーしています。
この一番の目的はもちろん、パッティングの際に狙った目標に線を向けることで「ガイドライン」にするためです。パッティングは打つときには後方から打つわけにはいきません。(かつてそのようにして打つプロがいたようですが)

あくまで打ち出しラインの横から打つのであって、その際の打つべき方向のガイドラインにすることができます。

打ちたい方向が明確になることでカップインの確立も上がりますし、ある程度のパッティングの距離があるときには、距離感に集中することができます。

もし線がうるさくて目障りだとするなら線を下にするなどして隠せばいいだけです。

線は1本?2本?もしくは?

ボールに書かれている線は色々なタイプがあります。
1本線だけのもの。横と縦両方引けるもの。さらに複数の線も引けるタイプもあります。
これはなんでも大丈夫です。よく、1本だけだとボールを上から見たときに斜めになってしまう、という方がいますがそもそもそうなる方はパッティングスタイルを修正したほうがいいかもしれません。

パッティングの際の基本はボールは目の真下、というのがセオリーです。ボールが目の真下にあれば線は斜めからは見えません。(もちろんボールを置くときにきちんと置くことが前提ですが)

ですので、線の本数はご自身で色々試してみて自分に合う線の引き方にすることをお勧めします。

最後に

パッティングはセンス、という言葉があると思います。これはパッティングにはカップインするべきラインというものが複数あるためにそのバランスが重要視されるためです。
曲がるラインを打つときに、強く打つ場合はラインは浅めに、距離を合わせる時にはラインは深めに読む必要があるということです。

パッティングスイングについては、あくまで基本はあります。ボールにラインを引くことは方向性のガイドラインをつくることです。これはセンスではなく作り出せるものです。

パッティングはゴルフにとってとても重要な一部です。ゴルフはセンスで「勘」ばかりに頼らず、毎回同じようなストロークができるようにボールにラインを引くことは是非お勧めいたします。

方向性について明確な基準を持つことでパット数の減少につながります。常に30パット切りを目指してプレーしてみてください。

どんなラインを引くのにも対応できるラインマーカーを紹介しておきます。

golf1_10000796
ライン M UP プロ X-832

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です