左1軸スイングのメリットとデメリット

左1軸スイングが一時大流行していました。タイガーウッズしかり、日本で有名な使い手は谷原秀人でしょうか。
左1軸スイングは、現在では数あるゴルフ理論のひとつとして定着しており、そのメリットとデメリットをみていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

左1軸スイングとは

左1軸スイングとは、テークバックで右への体重移動をほとんどせず、左足の上で回転をすることで、ボールへのコンタクトをより確実にしようというものです。
ボールコンタクトの確立が上がることでアイアンの安定性にもつながると言われています。

左1軸スイングのメリット

左1軸スイングがもたらすメリットは、プロとアマチュアでは大きく異なってきます。

先にも述べたように左1軸スイングはボールへのコンタクト率が上がることで、元々ミート率が悪いアマチュアゴルファーの場合は、「ボールに当たる」感覚が大きく「これはすごい理論だ」と思いがちになります。

左1軸スイングに対して、体の中心に軸があるスイングでは、スイングアークは横に広がった楕円の軌道になります。切り返しで腰が水平方向に移動するとともに、状態の移動が大きくなるのです。またボールに伝わるエネルギーは、体重の移動が大きければ大きいほど強く伝わることになります。

ただしアマチュアゴルファーはこの体重移動がうまくできません。特に初心者は右足に体重が残ったままのスイングの方が多く見受けられます。
また中級者以上でも体重移動がきちんとできていないまま、手打ちとはいかないまでも手でスイングをしており、ボールにすべての力が伝わりきっていない方が多くいらっしゃいます。
しかしそれだけ本来の体重移動は難しいのです。

左1軸スイングはこの難しい体重移動をせず、左足の上でだけで回転をするスイングですので、自然とボールミート率はよくなります。
これは体重移動をしないことでスイングアークの楕円はより小さくなることによるものです。
加えてボールへのクラブヘッドの入射角はきつくなります。それによりボールを上からとらえることができ、ボールを厚くとらえられるとともにターフも自然とより取れるようになります。
アマチュアにはこのターフを取ったスイングというのはかなり魅力的なものではないでしょうか。
この感覚がアマチュアゴルファーをより左1軸スイングに惹きつける理由ともなっています。

左1軸スイングのデメリット

しかしもちろん左1軸スイングにはデメリットもあります。先ほど記載した、入射角がきつくなる、まさにこれがメリット、デメリットも生み出しているのです。

プロに左1軸スイングが流行った理由の一つは、この入射角がきつくなるメリットを期待した結果です。
近年ゴルフクラブは低スピン化が進み、飛距離は伸びているもののスピン量が減ったことによりグリーンに止まりづらくなっているのが現状です。
プロが試合で行うようなシビアな設定ではスピン量の不足は致命的な結果に陥ります。

しかしアマチュアゴルファーはどうでしょうか。グリーンが止まりづらいようなセッティングはほぼ無く、入射角をきつくすることでもたらされるスピン量の増加の恩恵はきちんと受けられていないのではないでしょうか。

反対にスピン量がバラつきが大きくなることで、安定的なショットが打ちづらくなります。
プロは毎スイング一定のスピン量でショットを打つことが可能ですが、スイングが固まっていないアマチュアゴルファーはそうはいきません。これは練習量の確保から言っても難しい話です。

スイングが完璧に固まっていないとスピン量も毎ショット違う結果となります。そこに左1軸スイングを取り入れると、スピン量の幅が大きくなり、結果アイアンショットでの飛距離はばらつくことになり、安定性が失われてしまうのです。
多くのアマチュアゴルファーは左1軸スイングを取り入れたことによって”平均”飛距離は落ちているのではないでしょうか。今までより飛ぶこともあれば、いい当たりをしたのに飛んでいなかったということがあると思います。

しかし先ほど述べたようにスイングアークは小さくなりますので、ボールコンタクトの安定性は増します。飛距離にばらつきが出てもボールコンタクトの安定性を選ぶという選択肢で左1軸スイングを取り入れることはありかと思います。

左1軸スイングの正しい実践方法と注意点

先に述べたように左1軸スイングにはもちろんメリットもあります。そのメリットを享受するには正しいスイングの仕方が必要です。
ここでは特に意識をしなければいけない、3つの正しい実践方法とその注意点を紹介します。

トップでの左肩の捻転を深くとる必要がある

これは体重を左足にかけたままだと自然とトップでの左肩の入りは浅くなってしまいます。そのためトップでの捻転の深さを意識してスイングをする必要があります。

切り返し後の体重の乗せ方に注意

トップまでは左足に体重が乗っているため、切り返し後右足に体重が乗ってしまう可能性があります。いわゆるリバースピボットです。
体重はあくまでスイング終了まで左足の上です。

スイング軌道がアウトサイドインにならないように注意

ヘッドの入射角がきつくなるということはイコール、アウトサイドインのスイングになりやすいということです。
意識してインサイドからクラブを降ろさないと左へのミスが多くなる可能性があります。そのためテークバックでは意識してインサイドに引く必要があります。

最後に

左1軸スイングは近年流行しているスイング理論ですが、あくまで特殊な打ち方ということです。
私は左1軸スイングはおすすめしません。なぜならスピン量増加による飛距離のバラつきはゴルフには大敵だからです。

アマチュアゴルファーはなおさらです。練習場では正確な飛距離のコントロール練習はできません。多くの方は左右のばらつきを抑える練習に没頭しているのではないでしょうか。
練習量はままならない、スイングによる飛距離のバラつきも多い、ではゴルフに安定性がもたらされません。
ゴルフのスコアをアップさせたいのなら安定性をアップさせるべきです。スイングの安定性を確実にするだけで80台前半のスコアは間違いなく出せます。

それでも左1軸スイングが合う人がいるのもまた事実です。色々練習場で試して、自分にあったスイングを身に付けるようにして下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です