ゴルフマナーをもう一度見直そう。チェックリストであなたの行動をチェック!

初心者がマナーのことを勉強して頑張っているにも係らず、長年プレーをされているかたのマナーも時々目を見張るものがあります。

ゴルフは紳士のスポーツとも言われているとおり、マナーにも非常に注意しなければいけないスポーツです。
ここで一度マナーを見直してみませんか。
ポイントさえ押さえておけば誰でも何も難しいことはありません。
一人一人が気を付けてプレーすれば、すべての人が気持ちよくラウンドすることができるでしょう。
ゴルフはとても時間がかかるスポーツです。18ホールラウンドするのに約5時間ほどかかることになります。
そんな中すべての人が気持ちよくプレーするために大事なのが「プレーファースト」です。ゴルフ場、インターネット上などいたるところで「プレーファースト」の文字をみることがありますが、改めてご自分はできているでしょうか。
これを押さえておけばある程度のマナーは守ることができるものです。
自分はできている!ではなくて、今一度自分の行動を見返してみてください。
チェックリストがありますので、ぜひご自分の行動をチェックしてみてください。
できてない方が多い項目を記載しております。
18項目中16項目はできていてほしいものです。

■開始前 ○ or ×
 ・ゴルフボール、ティー、マーカー、スコアカードなどの準備
■ディグラウンド
 ・他の人が打っている間にボール/ティの準備
 ・ティーショットの行方をボールが落ちるまで目を切らず、あたりをつけておく
■フェアウェイ、ラフ、バンカー
 ・クラブはかならず2~3本以上持っていく
 ・バンカーに入るときはレーキを必ず用意しておく
 ・バンカーの入口と出口は同じ個所から
 ・ボール探しは全員で行わない。まずは自分のプレーを優先して、
空いている人がボール探しを行う。
(前の組がまだ先方でプレー中の場合はボール探しを優先)
 ・カート(フェアウェイ走行不可の場合)は全員の中間地点に停める。
常に最後尾の人よりは先に停める。
■グリーン
 ・パター以外のクラブはカート方向のグリーン外に置いておく
 ・人が打っている間に自分のラインを読んでおく。
 ・OKをもらったボールは打たないで拾い上げる。
 ・最初にカップインした人は旗竿をもってホールアウトの準備
 ・グリーン上でのスパイクマーク直し。ただし自分を含む同伴競技者の
パッティングライン上のものは直してはならない。
(ショットによるボールマークは直してよい)
■カート
 ・クラブはキャディバックにしまわずカートに乗り込む
(2打目3打目の途中もホールアウト後も両方とも)
 ・スコアの記入はカートもしくは次のホールのティグラウンドで
 ・必ずしも打つ順番は遠い人からでなくてよい。準備ができてない場合は
一声掛け、先にプレーする。
■初心者との同伴
 ・ハザードから何回も脱出できない場合は、ペナルティを付けてハザード外から
打つのを促す
 ・自分のプレーに余裕がある場合は、バンカーのならしなどを手伝う。

いかがでしたか?
重要なのはあなたのプレーを早くすること、ではなく、一緒にプレーしている組全体のプレーを早くすることです。
改めて「プレーファースト」を意識してプレーを楽しんでください。
そうすれば同伴競技者はもちろん前後の組のゴルファーもみんなが楽しめるようになるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です