シャフトクロスは本当に悪い?レイドオフっていいの?

よくプロはみんなレイドオフが多いという話を聞くことがあります。

シャフトクロスで悩んでいる方も多いかもしれません。
ではシャフトクロスって本当に悪いんでしょうか?レイドオフなら本当にいいんでしょうか?
シャフトクロスの原因とレイドオフの本当の目的をみていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

シャフトクロスとは、レイドオフとは

  • シャフトクロス
    スイングのトップの時にクラブヘッドのポジションが飛球線より右側を指している状態
  • レイドオフ
    スイングのトップの時にクラブヘッドのポジションが飛球線より左側を指している状態

シャフトクロスの原因について

シャフトクロスの原因は色々言われてますが、やはり主には「フライングエルボー」「スイング初動でインサイドに引きすぎ」の2点でしょう。

ちなみにシャフトクロスかどうかは、トップでクラブが地面と水平の時点でのシャフトの向きで判断します。

オーバースイングで水平以上クラブを振ってしまっていてシャフトがクロスしていても水平時点でまっすぐであればシャフトクロスではありませんし、
トップが浅くて、レイドオフの形になっていてもそれはレイドオフとはいいません。

シャフトクロスの球筋について

よくシャフトがトップでクロスしているからスライスをする、という方がいますがそれは必ずしもそうではありません。
初心者にはそうと言えますが、中級者以上にはむしろフックしやすいトップなのです。

なぜかというと、トップでシャフトがクロスしている状態は、スイングプレンがインサイドアウトになっており、振り遅れが発生しやすいトップの状態だからです。

スイング中にボールを捕まえる動きができる中級者以上のゴルファーはインサイドアウトの軌道から必要以上に手首を返してしまいフックになってしまうのです。
逆に手首が返らないとスライスとなります。

シャフトクロスの何が悪いかというと、ヘッドの動く範囲がレイドオフの形より広くなってしまうのでクラブが安定しないということが一番の問題です。

仮にトップでシャフトクロスしていても、ダウンスイングでオンプレーンに乗っていればなんの問題もありません。

プロはレイドオフが多い?

よくプロにはレイドオフが多い、そんな声を聞くことがあります。プロに多いからレイドオフがいいと。
残念ながらそれは違います。むしろアマチュアにはレイドオフは積極的にはお勧めしません。
なぜならレイドオフはスライスになりやすいトップだからです。
前述したようにシャフトクロスはフックが出やすいトップです。逆にレイドオフはスライスが出やすいのです。

その原因はシャフトクロスと真逆でスイングプレーンがアウトサイドインになりやすいからです。

ではなぜプロにレイドオフが多いかというと、プロはボールのつかまりすぎによるフックを嫌っているからです。最近のゴルフ倶楽部の進化によりボールは自然とつかまりやすくなっています。
プロにとって計算できないフックは避けたいものです。ですので自然とレイドオフ気味のプロが多くなっているのです。

シャフトクロス、レイドオフどちらがいい?

結論をいうとどちらでもいい、です。
スイングのトップでの形はグリップの握り方と同じで個性なのです。確かに極端なシャフトクロス、レイドオフはダウンスイングでオンプレーンに乗りにくいために避けたほうがいいです。

しかし多少のシャフトクロス、レイドオフは問題ではありません。

どうしても矯正したい方は、

  • シャフトクロスの矯正
    「フライングエルボー」と「スイング初動でインサイドに引きすぎ」を意識して練習してみてください。
  • レイドオフの矯正
    トップでの左手首の曲げ方。極端に手首側に折らないようにしてください。

こちらを意識して練習すれば大丈夫だと思います。ただしご自身のスイングを崩すまでの意識は必要ありません。

なぜなら飛ぶボールのフック、スライスはスイングのトップではなく他にあることがほとんどだからです。
シャフトクロス、レイドオフはスイングの結果です。他のフック、スライスの原因を突き止めて行けばスイングのトップも自然とよくなるはずです。

あまりトップは意識せずスイングしたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です